施工実績

小牧市で耐震工事

匠建 耐震改修

施工前:判定値0.29「倒壊する可能性が高い」状態から
施工後:判定値1.36「一応倒壊しない」まで
市の補助金90万円を利用した耐震工事を実施しました。

建物調査の実施

基礎の調査

基礎コンクリートの打診検査
※コンクリートのクラック・剥離などの状況を確認

コンクリート テストハンマー

コンクリートの圧縮強度確認
※リバウンドハンマーによりコンクリートの圧縮強度測定を実施。

鉄筋検査

基礎コンクリートの鉄筋探査
※鉄筋の有無、本数・間隔について非破壊検査機器により調査

柱の傾き検査

水平器による傾斜の程度の確認(柱)
※内壁・柱の傾斜が6/1000以上の場合は、施工精度を考慮した上でも明らかに注意の必要な傾斜です。基礎の沈下や柱・梁等の構造部材の傾斜等が生じている可能性もあり、その場合は注意が必要です。

小屋裏の検査

小屋裏の確認
※小屋束・母屋・垂木・梁・桁などに腐食部分がないか確認
※雨漏りなどの発生した跡がないかの確認

床下の検査

床下の確認
※シロアリの発生がないか、蟻道・蟻土の有無を点検
※土台・束・大引き・根太に腐食部分がないか確認

耐震改修プラン

耐震改修プログラム

耐震改修工事 匠建

耐震壁をX方向に5箇所:ダイケン工業のダイライト(壁大将)施工しました。

屋根の施工前:重い屋根(土葺瓦屋根) 
屋根の施工後:軽量瓦(ガルバリウム鋼板屋根)
に吹替えをしました。

基礎に軽微なひび割れが発生していたので、エポキシ注入によりひび割れの補修を行いました。

耐震改修結果

施工前:判定値0.29「倒壊する可能性が高い」状態から
施工後:判定値1.36「一応倒壊しない」
まで強度を上げる設計プランを実施。
市の補助金対象としては判定数値を1.0以上となります。
今回は強度に余裕を持たせるため1.36まで強度を上げる工事を実施。

屋根 耐震改修工事の実施

①屋根の施工前

②瓦を全て降ろします。

③土の撤去をします。

④全ての土を降ろしました。

⑤ルーフィング(防水シート張り)

⑥軽量瓦(ガルバリウム鋼板)葺き替え完了

耐震改修工事の実施 ①納戸の押入れ背面

耐震改修前

①耐震改修前

既設壁の撤去

②既設壁の撤去

柱・金物の取付け

③柱・金物の取付け

市の確認検査

④市の検査員による金物検査

ダイライト取付け

⑤ダイライト耐力壁の取付

クロス貼仕上げ

⑥仕上げ クロス仕上げ

耐震改修工事の実施 ②4.5畳和室の押入れ側面

①耐震改修前

②柱・金物の取付け

③市の検査員による金物検査

④ダイライト耐力壁の取付

⑤仕上げ クロス仕上げ

耐震改修工事の実施 ③6畳和室の押入れ右側面

①柱・金物の取付け

②市の検査員による金物検査

③ダイライト耐力壁の取付

④仕上げ クロス仕上げ

耐震改修工事の実施 ④6畳和室の押入れ左側面

①柱・金物の取付け

②市の検査員による金物検査

③ダイライト耐力壁の取付

④仕上げ クロス仕上げ

耐震改修工事の実施 ⑤洗面脱衣室

耐震工事前 

①耐震改修前

既存の壁撤去

②既設壁の撤去

金物完了

③柱・金物の取付け

④市の検査員による金物検査

壁大将の施工

⑤ダイライト耐力壁の取付

耐震工事 完了

⑥仕上げ クロス仕上げ

基礎の補修

基礎の施工前

基礎の施工前

基礎の補修完了

基礎のコンクリート補修・クラックエポキシ注入完了

お問い合わせはコチラ

関連の施工実績を見る

一覧に戻る

Page Top


ごあいさつ

株式会社 匠建 代表 大原早苗

当社のホームページにお越し頂きまして、ありがとうございます。
私達にとって、お客様は、良きアドバイザーであり、ご支援者でもあり、また評価者にもなって頂ける存在です。私達はお客様の苦情・ご要望を素早く行動して解決にあたります。そして、この体験を活かしてお客様のご満足につなげます。